富士ゼロックス複合機本舗:複合機以外の雑談⑫:食いしん坊万歳~自粛明けのハンバーガーがめちゃ旨い。

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
無料お見積り

スタッフブログ

複合機以外の雑談⑫:食いしん坊万歳~自粛明けのハンバーガーがめちゃ旨い。

2020年6月17日
皆さま

いかがお過ごしでしょうか。複合機本舗の渋谷です。

ここ最近、このブログとの間に心理的なソーシャルディスタンスを取っていた間に、
実は情熱大陸並みに密着タイアップをしていたことがあります。

それはハンバーガーを食べることです。
タイトルに偽り無し、そう、私はハンバーガーに爆烈ハマっていたのです。

1日2食ハンバーガー、それも同じお店のもの、その生活を約3日間ほど続けていました。


皆さまはベッカーズバーガーというのをご存じですか?
JR東日本が運営母体のハンバーガー屋さんですね。

正確には『HOMEMADE FRESH Becker's BURGERS & SANDWICHES

包袋に記載してあるURLも念のため、以下に記しますね。
http://www.jefb.co.jp/beckers/


私はこのハンバーガー屋さんが最寄駅にできてから約1年もの間、
ずっと気にはなっていたものの、サブウェイ的なおしゃれな雰囲気にしり込みして、
中々店内に入れずにいました。歩いて5分程度の距離なのに!

今なら分かります。行動に移せなかったことの愚かさを。

ここまでが前フリです。そしてここからが本題です。

私はこのお店の『別格 ザ★ツインチーズバーガー』を愛しています。
このブログの読者の皆さまであれば、薄々私が次に何を言うかお分かりになると思います。
そう、名前が好き!超私好みなのです。

なんだろ、このネーミングセンス、すごくシンパシーを感じる。
株式会社JR東日本フーズの商品開発やマーケティングを担当された社員の皆さまと、
私のような食べることしか能がない、BMI数値28.4のちょいポチャ白皙の貴公子(自称)が

同じ目線で語るなんて言語同断!まさに筆舌に尽くしがたいとはこのこと、
だけどもあえて言わせてほしい、想像を舌(絶)する旨さ、どうも渋っちです。

閑話休題

どうも愛が強すぎると、話が脇道にそれて仕方がない。
気を取り直して『別格 ザ★ツインチーズバーガー』についてお話していきますね。

ちなみに私自身のハンバーガーに対する趣向としては、バーガーキングのメニューを例にお話ししますと、
主力商品であるワッパーシリーズよりも、「モンスターベイビー」や「ハッシュ&チーズ」などのほうが好きでした。

ハンバーガーというだけあって、ハンバーグ、つまりビーフパテというものに対して、
元来そんなに魅力を感じなかったんですよね。

こんなことを言うと怒られるのですが、ハンバーガーと名乗るために、またハンバーガーを構成するうえでも
ビーフパテはもちろん欠かせない存在ではあるのだけれど、
それ以上にハンバーガーに挟んである、ビーフパテの上に乗っかってるアレ、
ピクルスを引き立たせるための存在だと思ってました。

カレーは飲み物だ理論でいきますと、ピクルスの酸味とほのかな甘みにビーフパテとバンズがよく合うのです。
もういくらでも(ピクルスが)食べられる!


結局、まだ『別格 ザ★ツインチーズバーガー』についてお話しできていないですね。。。
語りだすとキリが無いので、結論を言いますね。要は別格なんです!

その証拠に私3日間で10個ほどベッカーズバーガーの商品を食べてますが、
そのうち確実に4個以上は『別格 ザ★ツインチーズバーガー』を食べてるんです。

ちなみにさっき『別格 ザ★ツインチーズバーガー』のおいしい食べ方を検証するために、
2個同時食いをしてから、このブログを書いております
その食べ方というのは、結果的においしさが飛躍的に上がるということはなかったのですが、一応書き記しておきますね。

『別格 ザ★ツインチーズバーガー』を包んでいる箱を開ける、バンズを持ち上げ、ツインビーフパテのうちの1枚を取り出す、
もう1回バンズで挟む、食べる、残ったビーフパテは箱に溢れたサルサソースに浸してフォークで口へと運びつつ、
ウィルキンソンのジンジャエール〈辛口〉で流し込む。


なんでわざわざツインなのに、ビーフパテ1枚取り出すかというと、正直大きすぎて食べづらいからなんです(笑)
食べてるうちに型崩れしてきてソースがこぼれてきたり、
上下あるバンズのうちの片方だけ(主に下側)先に無くなってしまったり、、、だが、そこがいい!!!
これは検証の中で私が2個目を普通に食べたことによって証明されました。

ちなみに別格★バーガーシリーズには3種類あります。
その3種類の中でも、またベッカーズバーガーの全商品の中でも断トツでコスパがいいと思います。

コスパの尺度は人それぞれですが、私個人でいうと「値段に見合った、
もしくは値段以上の満足感」が得られると感じたときにコスパがいいと思います。

その点で言うと、『別格 ザ★ツインチーズバーガー』の値段は1個940円と、
一般的なハンバーガーと比べてみてもそうですが、単価が高めの味噌ラーメンや
おしゃれなパスタ屋さんのランチメニューに匹敵する価格です。
まあ、逆にそれらの商品と比べてみた場合、決して高くはないとも思うのですが。

最後は恒例の強引なまとめになりますが、高単価な商品を販売して顧客満足度も高いという、
ビジネスの教科書でよく取り上げられる付加価値という言葉がぴったりな、まさにそんな素晴らしい製品です。

皆さま、是非一度食べに行ってみてください。

(もしレジで、『別格 ザ★ツインチーズバーガー』お持ち帰りを頼んでいる、中背小太り色白黒髪の30歳台の男性がいたら、それはきっと貴方だけに見える幸せを運ぶ妖精かもしれません…)
編集後記

今日のブログも結局本題にあまり触れられなかったのが心残りです。
自家焼成酒種バンズ&別格専用粗挽きミートパティ使用で、とにかくバンズがふわふわでほのかに甘くておいしいんです!
ミートパティもほんとにジューシーで、粗挽きというだけあって、お肉感がすごいんです。
しかもトマトや玉ねぎなどの野菜もしっかり摂れるし、それがまたおいしいんですよ。
なんだろ、全然わき役じゃないのに、味が喧嘩していない、調和がとれてるんです。

それで、私がここ最近なんでこんなにも通い詰めているかというと、
まぁいろいろ事情もあるんですが、それとは別にこの先の未来を考えたときに思うところもあって、
身近なニュースでいうと、新型コロナをはじめ、サバクトビバッタや豚コレラ起因の食糧危機が取り上げられていて、
それらはどちらかというと差し迫った危機ではあるのですが、
SDGs(持続可能な開発目標)の一環として、これから本格的に代替肉が市場を席捲するだろうなと。

正直今の段階では生産コストがまだまだ高く、少なくとも日本の市場ではほとんど流通はしていないと思いますが、
将来的に何かをきっかけにして、肉の概念そのものが代替肉の登場によって変わるような気がします。
(コロナをきっかけとしてAIやクラウドが一気に普及したように)
世界の情勢次第では代替肉を食べられるだけまだ幸せなこともかもしれませんし。
ですので、毎日おなか一杯にご飯が食べれることにほんとに感謝です。

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 9:00~18:00 (土日祝休)