富士フィルムBI特約店 複合機本舗:紙詰まりトラブルについて

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士フィルムビジネスイノベーションだからできる全国対応!
無料お見積り

スタッフブログ

紙詰まりトラブルについて

2022年7月11日
2022年7月11日

スタッフブログを閲覧頂きありがとうございます。

今回はよくある紙詰まりトラブルの原因と対処法について4つ解説していきます。

【原因と対処法の目次】
①用紙同士の張り付き
②用紙のセットによる不具合
③用紙を送り時の詰まり
④用紙の保管環境について

①用紙同士の張り付き
張り付きが起きる原因は主に、湿度による含水や静電気、結露による湿りです。
改善方法として、用紙をパラパラとさばきましょう。用紙の間に空気を入れることで張り付きを改善することができます。

②用紙のセットによる不具合
用紙のセット時、紙が折れていないか、縦横が揃えられているか確認しましょう。

③用紙を送り時の詰まり
原稿送り装置 で紙詰まりが起こる原因の多くは異物によるものです。クリップや付箋など挟まっていないか確認してみましょう。

④用紙の保管環境について
湿度が高い季節は、用紙が水分を含んでしまい紙詰まりの原因となりえます。好ましい保管環境は下記です。
室温、18~24℃ 湿度、35~55%前後
・プリンター用紙は含水率が低く適正環境下でも吸湿するため、極力、段ボール箱に入れたままで保存する

いかがだったでしょうか。紙詰まり原因は複合機側よりも用紙に原因がある場合が多いです。用紙を使用、保管する際は意識してみると紙詰まりの頻度も低くなるかもしれません。

今後も皆さんのお役に立てる情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。

ブログ担当:T.T.
趣味:ツーリング、サッカー観戦

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

    会社名/屋号
    ご担当者様
    メールアドレス
    郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
    ご住所
    電話番号
    お問い合わせ内容

    個人情報保護方針を必ずお読みいただき同意するにチェックをお願いします

    専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
    複合機に関するお問い合せ無料お見積り
    お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 9:00~18:00 (土日祝休)