コピー機の使い方を詳しく紹介 | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_007

コピー機の使い方を詳しく紹介

1. 知ってお得!コピー機の節約機能

コピー機には様々な機能があります。その中で、知って得する節約機能を2つご紹介します。

「両面印刷をする方法」と「複数枚の原稿を1枚にまとめてコピーする方法」です。これによって、大幅な用紙の節約が可能になるので、ぜひ押さえておきたい基本機能です。

2. 両面印刷をする方法

その名の通り、1枚の紙の表と裏の両方に印刷をする方法です。原稿は、片面の原稿を両面にコピーすることも、両面の原稿を両面にコピーすることもできます。

片面の原稿を両面にするには、原稿を読み取り部にセットし、コピー機の画面で「片面→両面」と設定します。

両面の原稿を両面にコピーするには、原稿を同じように読み取り部にセットし、今度は「両面→両面」と設定します。この両面印刷を活用すれば、使用する用紙を約半分に節約することができます。

メリットの多い両面印刷ですが、注意が一点あります。それはどの向きに開くように綴じるのかの設定です。一般的には横綴じか上綴じかのどちらかを選びます。それは、どちらに開くのかにより、めくった時の読みやすさが異なるからです。横綴じでは、表裏同じ向きに原稿が印刷されますが、上綴じでは表裏で上下が反対に印刷されます。

3. 複数枚を1枚にまとめてコピーする方法

複数枚の原稿を1枚にまとめてコピーすることができます。機能の名前としては、「ページ集約」とか、「2in1/4in1」です。基本的に、1ページに2枚、4枚、8枚の原稿を印刷できます。

まず、いつも通りに原稿をコピー機の読み取り部(スキャナー部分)に並べてセットします。

次に、コピー機によって多少の違いがありますが、「集約」とか「2in1/4in1」、「レイアウト」というボタンを押します。

設定画面で一枚の紙に何枚の原稿を集約するのか、片面か両面か、印刷枚数のセットなどの設定をし、印刷します。

この使い方によって、大幅な用紙の節約になるとともに、リースのコピー機では印刷カウンターの節約にもなります。コスト面や資源面での節約に大きな貢献をしてくれる機能なので、ぜひご活用ください。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)