コピー機でUSBを使う場合の注意点 | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_016

コピー機でUSBを使う場合の注意点

1. コピー機でUSBから印刷できるファイルの種類

複合機(コピー機)でデータをプリントアウトしたいとき、パソコンから「印刷」と思いがちですが、今はUSBメモリを差し込むことで、プリントアウトができる機種も多いです。

では、どのようなファイルがプリントアウトできるのか、メーカー・機種により多少異なりますが、おおむね以下のファイルは可能です。
・PDF
・画像(JPEG/PNG/TIFF)
・Word(docx)
・Excel(xlsx)
・PowerPoint(pptx)

しかし、Word・Excel・PowerPointで作成したデータは、プリンターによって作成時レイアウトが多少変わってしまう場合があるので、USBから印刷をするのならば、データPDFに変換したものもあわせて保存するのがおすすめです。

2. USBからの印刷手順

まずは、メモリーを複合機(コピー機)のスロットに差し込みます。
次に、メーカーによって名称は異なりますが、「外部メモリーデバイスから印刷」、「メディアプリント」などボタンを押します。

すると、メモリー種類を選択する画面が表示されるので、USBメモリーを選択。その後、原稿・用紙サイズなどの印刷設定をするというものが主流です。

3. どうすればいい?USBが認識されない!

コピー機がUSBを読み込まない場合、一番多い原因は、接触不良です。
USBを一度外して、もう一度つけてみる、USB差込口のお掃除をするなどして、再度試してみましょう。それでもだめなら、以下の点を確認してください。

・他のUSBメモリーを挿しても認識されないか。
他のUSBを差し込んでもダメな場合は、本体そのものの不具合かもしれません。
・印刷データの形式は、サポート対象のデータ(拡張子)か。
・USBメモリーがUSB 2.0に対応しているものか。
・コピー機が操作を受け付けていない時に、挿してないか。
・USBがFAT16またはFAT32以外のファイルシステムでフォーマットされてないか。

これらの確認をしてもやはり認識されないようなら、コピー機の電源を入れ直すという選択肢もあります。それを行う際は、マニュアルなどを読み、適切な電源の切り方や入れ方を確認してからしてください。いきなり電源を抜く、などをしてしまうと故障やトラブルの一因になってしまいますので、ご注意を。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)