複合機をシェアハウスで使ってみた感想 | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_024

複合機をシェアハウスで使ってみた感想

1. 勉強の場や仕事の場をシェアすること

ある記事で、シェアハウスに住むとある女性に対して「なぜそのシェアハウスに入居をしたのか」とインタビューをしたところ、「(この)シェアハウスの部屋の一つに、複合機がついているスタディールームがあり、そこで必要な書類などを印刷できるから」という理由を一つに挙げていたそうです。

この回答からも分かる通り、シェアハウスの一室に複合機(コピー機)を置き、それすらもシェアで使う、というところもあるのです。
また、そうしたものは仕事といったオフィス用途で利用することが多いので、シェアオフィスという表現で一室(一フロア)を使い、その空間内に複合機やインターネット環境などの様々な機器をシェアしている場所もまた多くあります。
表現方法はともかく、複合機などをシェアして使ってみると以下のような声や意見が上がるそうです。

2. 好意的な声や意見の多くは「人との触れ合い」

複合機の置かれる仕事場や勉強場をシェアしていると、「人脈を広げられる」「他の人と大なり小なりコミュニケーションが取れる」という声をよく見聞きします。
例えば、シェアオフィスであれば、様々な業種の人と話をできたり触れ合えることから、新しいビジネス案件が生まれたり、コネクションが広がったりするわけです。

一方のシェアハウスでは、勉強や作業中の印刷待ちの間に、同じく待っている人と些細でもコミュニケーションを取れることが「勉強(作業)のふとした息抜きになる」と言う人も。
その中には、「それで、たまに話し込んじゃうんですけど」なんて声もあったりしますが、どういった形や深さであれ人と触れ合えること、またその関係性を生み出せることが、複合機などのような機器や、それがある空間をシェアして利用することの良い点だと言えそうです。

3. 問題的な意見や声は、やはり「他の人の存在」

先ほどの良い点とは表裏一体な話で、仕事場や勉強場のシェアは「集中できない」という問題部分が生まれがちです。
特に仕事場を共有するシェアオフィスでは、他の人が業務上電話をしたり、会議をするなど話し声が筒抜けです。そうなれば、自身が黙々と仕事を進めたい場合に、その声によって集中力を妨げられることもあります。
それはシェアハウスでも同じで、勉強や作業をするところを共有化している中で、上で紹介したように、誰かに話し込まれたりすると、やはりその声は時と場合によっては雑音と捉えられてしまうこともあります。
かといって、オフィスでもハウスでも、シェアにおいては自分がこうした影響を与える時もあれば与えられる時もあることですから、注意もしにくいですし、されにくくもあるようです。
複合機に限らず、誰かと何かをシェアすることは、仕事の人脈や心の交流であり、また一方で無意識的でも相手の何かを阻害してしまうことでもあるのですね。
そうしたことが合っているか合わないか、好意的に思えるかそうでないかは、その人の人間性や考え方次第、という当たり前のことですが、人間らしい感想に集約されます。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)