封筒印刷のおすすめは「社内印刷」です | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_044

封筒印刷のおすすめは「社内印刷」です

1. 企業で扱う封筒も社内で印刷できる

企業で使用する取引先や顧客に送る書類を入れた封筒ですが、これも社内で印刷することができます。しかし、多くの場合、業者に依頼して封筒を作成してもらっているのではないでしょうか。社名に住所や電話番号、FAX番号、またロゴを入れたものを作ってもらうのが一般的ですよね。宛名に関しては窓あきの封筒にして中にいれる書類にあて先を記入したり、宛名ラベルを出力し、そのラベルを貼るのも一般的です。場合によってはあて名は手書きということもあるでしょう。

ですが、この封筒も社内でプリンターを使用して印刷することも可能です。社内で印刷すれば、封筒代にかかるコストも削減することができます。封筒自体は業者に作ってもらい、宛名だけを印刷といったことも可能です。

2. 社内で封筒を印刷するメリット

社内で封筒を印刷する場合、様々なメリットがあります。例えば、いざ封筒がなくなってしまった時にも汎用の封筒を使用して印刷することができます。専用の封筒を発注するとなると納期の関係もあり、常に封筒の在庫の確認は必要になりますよね。専用の封筒を使っていたとしても、簡単に臨時で対応することもできるのです。もちろん手書きで対応することもできるのですが、必要な封筒の数が多いとなると、手書きでは対応しきれないので、社内での印刷がおすすめとなります。

最も大きなメリットがコストの削減です。これだけでも自社での印刷をおすすめしたいほどです。外部に発注するとなると、どうしても割高になってしまうので、経費削減のためにやって損はありません。
他にも、本来の印刷以外のことも印刷が可能になります。内容に応じてメッセージも印刷ができます。例えば、請求書在中といったメッセージを印刷することができます。多くの場合、こういったメッセージは専用のハンコなどを使用していたのではないでしょうか。こういった手間がなくなり作業効率もアップするという点もおすすめの理由となります。

もちろん、封筒だけでなく名刺なども社内印刷にしたほうがコスト削減につながりますし、効率も良くなります。急な予定で誰かと会うことになった場合、もし名刺が不足していたらどうでしょうか。発注すると、仕上がりには時間がかかりますが、自社での印刷であれば用紙さえあればいつでも印刷することができます。

3. 封筒の印刷で注意しておきたいこと

封筒の自社内での印刷はおすすめですが、注意しておきたい点もあります。封筒は特殊な用紙であるという点です。通常の用紙に比べトラブルの可能性もあるということなのです。機器の性能が上がっているとはいえ、紙詰まり等の可能性も高くなってしまうので印刷時に注意が必要です。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)