ポスターを自社印刷するときは「面付け」機能をフル活用??| 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_058

ポスターを自社印刷するときは「面付け」機能をフル活用??

1. ポスターは自社印刷がいいのか?それとも外注?

販促等の理由でポスターの作成が必要になる場合もあるのではないでしょうか?

こういった場合、ポスターは自社で作成するかそれとも外注で依頼するのかで考えるところになります。一般的にはポスターを印刷する場合、A0やB0といった大きな用紙に印刷するので、大判プリンターと呼ばれる印刷機を使用することになります。ですが、大判プリンターを導入するほどポスターを印刷するのかというと疑問ですよね。ですから、通常であれば、ポスターの印刷は外注に依頼することになります。

ですが、ポスターの作成の方法としては面付け機能を使用すれば、今ある複合機やプリンターでもポスターを作成することは可能なのです。ただし、ポスターの仕上がりは、外注に依頼する場合や大判プリンターを使用する場合に比べて少し悪くなってしまいます。

2. 面付け機能を使用して社内で印刷する

大判プリンターがなくても、面付け機能を使用すれば、社内でもポスターの作製は可能になりますが、ではどうやって作成するのでしょうか。一般的に面付というと、1枚の用紙に複数ページを印刷します。冊子の印刷等でよく使われます、また、折りたたむタイプのパンフレットや資料でも使用することがあるのではないでしょうか。

ですが、ポスター印刷の場合の面付けは少し異なります。1枚の原稿を拡大して複数ページに分けて印刷するのです。例えば、A4紙2枚に原稿を2分割して印刷すれば、それをつなぎ合わせることでA3用紙に印刷したことと同じになりますよね。A4紙4枚に4分割すれば、A2用紙になるということです。実際には余白等の関係があるので、仕上がりのサイズは若干小さくなります。この方法を使うことで印刷機が対応していない大きなサイズへの印刷が可能ということになります。ですから、大きなポスターでも社内で簡単に印刷が可能ということになるのです。

ですが、折ったり、切ったり、貼ったりといった作業が必要になるので、仕上がりのきれいさはちょっと考えどころかもしれません。

3. 状況によって使い分ける

特別な印刷機がなくても自社でポスターの印刷が可能なことは理解いただけたと思います。実際にこの方法で自社印刷をすることでコストを抑えることも可能になります。ただし、配布したりするようなものであれば、やはりきれいでなくてはなりませんから、外注に依頼することになるかもしれません。また、作成枚数が多くなる場合は、ランニングコストの関係で外注に依頼するほうが安く済む場合もあります。

ですから、状況に応じて自社印刷したり、外注に依頼したりを使い分けることでコスト面でも効率面でもうまく活用したいですね。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 9:00~18:00 (土日祝休)