ゲラを大量に印刷するデザイン事務所に適した複合機は? PS拡張キット | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_063

ゲラを大量に印刷するデザイン事務所に適した複合機は? PS拡張キット

1. デザイン事務所であれば印刷は大量になる

一般の企業と異なり、デザイン事務所の場合、かなりの印刷量が発生することになります。依頼されたチラシなどの大量の印刷はもちろん、ゲラと呼ばれる原稿を最初に印刷した校正紙も大量に印刷することになります。こういった場合、複合機に臨まれるスペックとしては、印刷速度はもちろんですし、かなりのいろいろな機能が必要になるのではないでしょうか。

事務所の規模や、依頼の内容によっても求められる機能は異なってきます。ゲラの場合は、何を校正するのかによってスペックも異なってきます。一般には、文書校正用のゲラ、その次にカラー校正用のゲラということになるので、カラー印刷は当然必要とされる機能ですし、色合いがきちんと表現されることも必要になります。

ですから、カラー印刷のきれいな機種であるということも大切になります。

2. よりきれいなデザインの印刷のためには

チラシやポスターの依頼となると、当然ですが一般的な印刷物に比べてよりきれいな印刷を必要とされる場合も多いのではないでしょうか。そういった場合は、標準的な印刷機能だけでは物足りないので、オプションの機能を追加することも検討が必要になります。

プリンターの使用ということであれば、それぞれの印刷に特化したプリンターがあるのですが、複合機となると、そこまでの特化した能力は持っていません。その対応としてオプション機能を追加することになるのです。

よりきれいに印刷するためにはPS拡張キットを導入するのがよさそうです。このPSというのはPostScriptの略で、adobe社の開発したものです。これを使用することによって印刷のデータをプログラム化することができるのです。情報をイメージではなく、プログラムとすることで、線であれば、開始位置の座標や終了位置の座標、また、太さや色に関する様々なデータとすることができるので、より精密できれいな印刷が可能になるのです。

またオーバープリントの機能もあるので、デザイン業界においては必須の機能となっています。このPostScriptを使用するには、複合機にキットを導入するだけでなく、印刷処理を行うPC側にも対応が必要となります。通常はプリンタドライバでPostScriptを選択することになるので、それほど意識することはなさそうです。

3. ゲラのやりとりはPDFで

以前であれば、ゲラの校正に関しては、印刷したものに加筆したりしてやり取りしていたのですが、デザイン事務所等では、ゲラはPDF化してメールでのやりとりで行うというところも多くなっています。

最終のものについては印刷を行うのですが、コスト削減を考えれば、不要なものは印刷しないというのもわかりますよね。文章などは印刷でなくても確認することができます。ですからゲラの大量印刷というのは、出版社等の場合かもしれません。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 9:00~18:00 (土日祝休)