複合機のポストスクリプトとは?| 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_065

複合機のポストスクリプトとは?

1. 複合機の機能

富士ゼロックスの複合機には様々な機能がついています。

もちろん、オプションで追加が可能な機能があります。印刷に対しての機能であったり、印刷後にホチキスで止めたり、封筒に入れたり、小さなサイズで保管するために折り目をつけたりする印刷後の印刷物に対しての処理があります。こういった機能があることで、複合機を使用した業務の効率をよくすることできるのです。もちろん、これは富士ゼロックス以外の複合機であっても用意されている機能もあるでしょう。

中でも印刷の品質を上げる機能である、ポストスクリプトについて紹介します。

2. adobe社の開発した印刷用の言語

富士ゼロックスを含めほとんどの印刷機はイメージを印刷します。コピー機で言えば、原稿をスキャンし、そのイメージを印刷するわけです。ですから、スキャナーの性能次第でコピーした印刷物のきれいさ、精度がかわってきます。パソコン等を使用した場合は、スキャンという動作が含まれませんから、直接印刷用のイメージを作成するということになります。

そのため、コピーと比べると、パソコンから印刷するほうがきれいな印刷ができるということになります。

ですが、それをイメージではなく実際に線を引くような感覚で印刷できればどうでしょうか。複合機などの印刷機の性能にもよりますが、よりきれいな線を引くことができるのではないでしょうか。

プロッタプリンタなどでは実際に座標を指定してきれいな直線を引いたりするのですが、そのイメージで印刷を行うのがポストスクリプトなのです。ポストスクリプトは対応した複合機などで処理を行うプログラムなのです。線を引く場合は、開始座標と終了座標を指定して線を引くので、線がくっきりと印刷されるのです。線の太さや色などもパラメータで管理されるので、ぼやけることなく鮮明な印刷が可能になるのです。

3. ポストスクリプトに対応している富士ゼロックスの複合機

富士ゼロックスの複合機にはカラー・モノクロを含めて、ApeosPortシリーズ、DocuCentreシリーズ、DocuStationシリーズ、DocuPrintシリーズといった様々な機種があります。もちろん、これ以外にもあるのですが、それらのすべてにおいてPostScript3がオプションで対応可能となっています。機種によってはPostScript3のエミュレーションモードが標準で用意されています。

また多くの機種でART EXがページ記述言語として標準装備されています。こういった機能を見ると、富士ゼロックスの複合機は印刷におけるきれいさを追求した複合機であるということが言えるのではないでしょうか。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 9:00~18:00 (土日祝休)