SRA3サイズとは?フルトンボと何が違うの? | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_078

SRA3サイズとは?フルトンボと何が違うの?

1. フチなしでキレイに仕上げることはできる?

プリンターや複合機で印刷する場合、用紙いっぱいに印刷したくても、印字不可能領域は印刷されないので、どうしてもフチが白くなってしまいます。

用紙全面にキレイにカラー印刷などをしたい場合、できれば白フチをいれずに印刷したいものです。印刷業界では用紙全体にキレイに印刷をするため、仕上がりサイズの外側にトンボ(トリムマーク)をいれます。最終的にフチなしに仕上がるようトンボの外側まで印刷し、トンボで断裁し、キレイに仕上げます。

一般的な家庭用のプリンターの場合、A3サイズまで対応していないことが多いですが、会社で利用する複合機などはA3まで対応していることが多く、印刷用途に合わせてサイズ設定をすることが可能になっています。

もちろんメーカーやスペックによって、サイズ設定はさまざまですので、必要性に応じてどのような機種を購入するか決めたほうが良いでしょう。

2. SRA3サイズとフルトンボの違い

A3サイズは297mm×420mmですが、会社のパンフレットやカラー冊子などを印刷したい場合、普通にA3サイズで設定して印刷をすると、フチが印刷されず白くなってしまいます。いかにもプリンターで印刷しましたという仕上がりになるので、社外に提供する場合、見た目にも良くありません。

フチなしで印刷しようと思う場合、印刷後に規定のサイズに断裁するので、その目安となるトンボを入れて印刷をします。複合機やプリンターでフルトンボ、またはA3ノビなどの設定があった場合、それを指定するとフチなし印刷が可能になります。

フルトンボはメーカーによって用紙のサイズは異なりますが、大きくても330mm×480mm程度になります。SRA3は320mm×450mmで、フルトンボより若干小さなサイズの用紙になります。

3. キレイな印刷を目指すなら

SRA3サイズとフルトンボは単に用紙のサイズだけのような違いにも思えますが、SRA3の場合、短辺のトンボだと印刷できないこともありますので、気を付けましょう。

出版物のような印刷を多くする場合は、どんなサイズでも対応できるようにフルトンボ対応するプリンターを選ぶと良いかもしれません。

最近ではコスト削減のために、簡単な資料やパンフレットなどは社内で作成することが多くなりました。まるで印刷会社に依頼したかのようなキレイな仕上がりにしたいのなら、A3より大きなサイズに対応したプリンターがおススメです。

メーカーによってサイズが変わってきますので、プリンターや複合機を購入、またはレンタルする前にしっかりサイズチェックすることを忘れないようにしましょう。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)