複合機のレンタル活用方法 | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_023

複合機のレンタル活用方法

1. レンタルでの利用の特徴

複合機をレンタルすることで、導入や利用する方法があります。
まずは、レンタルで複合機を使う上での利点や欠点なども含めた特徴から見ていきましょう。
業者から複合機を借りることをレンタル契約と表わしますが、そのコピー機の所有権はレンタル業者が持ち、同時にコピー機の管理もレンタル業者が行ってくれるものです。

大きな利点となるのが、短期利用が可能な点です。言い換えれば、「必要な時だけ借りられる」ということです。
場合によっては、一日だけ借りることも、一週間だけであっても、また一ヶ月だけでも借りる契約ができ、その費用も借りた期間で算出されます。
そして、「解約がいつでも可能」であることも利点の一つです。不要となったらいつでも返却ができるわけですから、三年から五年ほどは使い続けなければならず、さらに言えばその間に中途解約ができないリースとは大きく異なります。
また、リース契約との大きな違いに絡めてもう一つの利点を挙げますと、「審査がいらない」のです。

とは言え、レンタルには欠点的な要素もあります。それが、「ランニングコスト(毎月の支払額)が高い」「機種やモデルが選べず、中古で型落ちのものを使う」の二点です。
リースでの契約よりもレンタルの方がかかる費用は高く、同時にリースでは最新機種を選べて高性能なものを使えますが、レンタルで使えるものはそれよりも機能面や性能面で劣ってしまうわけです。

2. レンタルの上手な活用方法

これらの特徴がありますから、例えばセミナーやイベント、選挙事務所などで短期的に使う用途に適しています。仮に予定よりも必要な期間が短ければ、途中で解約もできますし、その際に違約金も発生しないので、余計に短いスパンで捉えた利用に向いているのです。
その他にも審査が必要なく、すぐに契約・利用ができますから、新しく事業を立ち上げたばかりの方や会社でもうまく活用できるはずです。

このレンタルにかかる費用は、全額経費として考えられ、計上できることも会社の運営や、イベントでのかかる費用の管理と活用法は多岐にわたります。
レンタル契約は、手軽に借りられて、手軽に返却でき、手軽に使えますので、そうした「手軽さ」を言い換えると「フットワークの軽さ」とでも言えそうですね。
そのフットワークの軽さを活かした利用方法こそが、複合機におけるレンタルでの上手な活用方法なのです。

3. まとめ

レンタルで複合機を利用する上での活用方法をご紹介しましたが、リース契約よりも割高となってしまうなどの欠点もありますから、単純に「じゃあレンタルでいいや」というのではなく、その環境や状況に向いた契約方法をチョイスするようにしてください。
そうして自身に向いた契約方法に決めることが、複合機自体の上手な活用方法でもあるのです。
どうか、こうした情報を参考に複合機を、そしてその契約方法も上手く活用や利用してみてください。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!

会社名/屋号
ご担当者様
メールアドレス

郵便番号(郵便番号を入力すると住所が自動的に表示されます)
ご住所
電話番号

お問い合わせ内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)