コピーを節約する方法は?ムダなコピーをなくすコツ | 複合機お役立ちガイド | 富士ゼロックス複合機本舗

複合機の導入・設定や保守メンテナンス富士ゼロックスだからできる全国対応!
TEL:0120-47-0783 携帯OK 受付:10:00~19:00(土日祝休)
無料お見積り

複合機 お役立ちガイド

guide_054

コピーを節約する方法は?ムダなコピーをなくすコツ

1. コピー用紙で手軽なコスト削減を実現

会社の経費削減を実現するには、小さなことからコツコツと積み立てて努力をすることが大切です。一人一人がコストに対する意識を変えれば、大きなコストカットにつながります。

簡単にコスト削減を実行する方法の一つとしてあげられるのは、コピー枚数を節約することです。コピー用紙一枚の単価は安くても、それが積み重なれば大きな金額になります。

取引先などに渡す資料や書類でない限り、社内で必要となるコピーは用紙を節約して利用することで経費削減が可能になります。どのようにすればコピーを節約できるのか、その方法についてここで説明していきます。

2. コピーの節約方法

どこの企業でも行っているのが、コピー用紙の裏紙活用ではないでしょうか。コピーミスした用紙や、不要になった書類などの裏紙をトレイにセットすることで、用紙の両面を活用することが可能になります。

富士ゼロックスの複合機だと、裏紙をセットしておいて操作パネルで設定しておくと、コピー時に裏紙を選択することで、裏紙に印刷することができます。通常のコピーの場合は、印刷されていない用紙にプリントされますので、毎回チェックする必要がありません。

また、社内資料であるのならカラー印刷はせず、モノクロ印刷をするように心がけると、かなりのコスト削減につながります。特に複合機を導入している会社であれば、意識してコピーするようにしたほうが良いでしょう。

他にも両面印刷を活用したり、小冊子のように仕上がる製本印刷、1枚に複数のページを印刷することができる集約印刷などの方法を活用すると、用紙の節約につながります。

複合機を利用している場合は、トナーカートリッジの交換費用も大きな出費になります。保守契約をしている場合は純正トナーしか利用できないこともありますが、自社で購入している場合はリサイクルトナーを利用すると、大きく節約することができます。

3. ペーパーレス化が最大の節約につながる

コピーをする上で一番節約できる方法は、やはりコピーの電子化ではないでしょうか。紙に印刷するのではなく電子化して保存することで、紙代もインク代も不要になります。ミスプリントをすることもないので、無駄にインクや紙を消費することもありません。

また、紙媒体だと保存するスペースを確保せねばならず、オフィススペースを無駄に利用することになります。ペーパーレス化することで、保管場所を確保する必要はなくなり有効活用できます。

取引先との書類のやりとりも電子化することでスピードアップし、効率も良くなるので、お互いにメリットが多いといえるでしょう。

富士ゼロックス複合機一覧

私たちがサポートします

地区ごとに専属担当が付くことで、お客様との連携が取れやすい!
アフターフォローも安心!
故障時は複合機が自動検知し、技術員がかけつけます。トナー残量が少なくなった場合も、検知されるので、お客様の手間が省けます。
  • MURAYAMA
    東日本ICT
    営業担当
    MURAYAMA
  • HAMA
    東日本ICT
    営業担当
    HAMA
  • SUGIWAKA
    関西
    営業担当
    SUGIWAKA
  • ASAKURA
    関西
    営業担当
    ASAKURA

無料!即行!お問い合わせ

複合機の月額料金、機能やメンテナンスサポートについてお気軽にお問合せください!
社名/名前
TEL
メール
内容

専任のコンサルタントがお客様のニーズにあったプランをご提案いたします。
複合機に関するお問い合せ無料お見積り
お急ぎならお電話で!通話無料 0120-47-0783 [受付] 10:00~19:00 (土日祝休)